交通事故でむちうちになったら.net

PR

むちうちの症状とは

交通事故,むちうち,慰謝料,示談,病院

成人の頭の重さは約5kgあり、

 

それを首から下で支えていますが、

 

外部から衝撃を受けたときに、

 

首が通常の可動範囲を大きく超えて

 

鞭のようにしなります。

 

むちうちは、そのような症状がみられる

 

「外傷性頚部症候群」のことをいい、

 

「頸椎捻挫」「頚部捻挫」などの呼称でも知られています。

 

交通事故によるむちうちの症状は、

損傷を受けた神経などと深く関わりがあります。

 

なかでも、頸椎のまわりの筋肉や靭帯、軟部組織などの損傷による「頸椎捻挫型」がいちばん多く、

 

全体の約70~80%を占めています。

 

 

頸椎の歪みによる神経の圧迫で起きる「根症状型」では、

 

腕の痛みやしびれ、後頭部の痛み、顔面痛などが特徴です。

 

 

バレ・リウユー症状型(後部交感神経症候群)」になると、

 

頸椎に沿う脛骨動脈の血流低下による頭痛やめまい、耳鳴り、吐き気などがでてきます。

 

 

頸椎の脊柱管にある脊髄や、下肢に伸びる神経の損傷による「脊髄症状型」では、

 

下肢の歩行障害などのほか、膀胱直腸障害による排尿・排便障害が起こることもあります。

 

 

また、さまざまな不快症状を引き起こす「脳髄液減少症」があり、研究の進歩により「先進医療」に認定されました。

 

なお、むちうちの症状があらわれるのは、体に衝撃を受けた直後だけでないほか、

 

交通事故以外でも起きるため、頭部を強打したときなどは注意が必要です。

PR