交通事故でむちうちになったら.net

PR

むちうちによる慰謝料の計算方法は?

交通事故,むちうち,慰謝料,示談,病院
交通事故による自賠責保険で補償される慰謝料は、

 

傷害による損害
後遺障害による損害
死亡による損害

 

3種類それぞれに含まれています。

 

また、所定の計算方法にもとづいた

 

「治療関係費」「休業損害」「逸失利益」「遺失利益」などと合わせて

 

慰謝料」としての請求が可能です。

 

傷害による損害

 

「傷害による損害」は、交通事故によるむちうちなどで入通院をした場合が対象になり、

 

病院と整骨院のどちらでも慰謝料は1日4,200円になります。

 

具体的な金額は、2通りの計算方法による

 

「入院期間+通院期間」

 

「実通院日数(入院期間+通院期間の中で実際に病院に通った日数)×2」

 

のうち、日数が少ないほうを慰謝料の日額に掛けて求めます。 

 

 

後遺障害による損害

 

「後遺障害による損害」に含まれる慰謝料の計算方法は、

 

後遺障害認定1級~14級により、むちうちの場合は12級と14級が該当します。 

 

後遺障害1級~3級になった場合、認定被扶養者がある人には増額支給されます。

 

また、「後遺障害による損害」には、後遺障害で得られなくなった「逸失利益」も含めます。

 

 

死亡による損害

 

「死亡による損害」の慰謝料には、死亡者本人と遺族に対するものがあり、

 

請求権者の人数などの条件によって計算方法も異なってきます。

 

また、「死亡による損害」には、死亡により得られなくなった「遺失利益」も含めます。

 

交通事故による損害賠償額が「自賠責保険」対応額を超えたときは、

 

「任意保険」での対応になりますので、【むちうちによる慰謝料の相場は】も参照にお勧めします。

PR