交通事故でむちうちになったら.net

PR

むちうちで掛かる病院

交通事故,むちうち,慰謝料,示談,病院

交通事故による「むちうち」は、

 

目立った外傷がないほか、

 

事故直後に症状があらわれないことも多いため、

 

診断がつきにくいことでも知られています。

 

また、事故直後は気が立っているため、

 

 

事故関係者に怪我がない場合「物損事故」扱いになることも特徴のひとつです。

 

事故を機にこれまでなかった症状がでてきたとき

 

速やかに病院での診察を受けることと、「人身事故」への変更が必要です。

 

むちうちには、首の痛みを主症状とした「頚部捻挫型」から、

 

最近注目されている「脳髄液減少症」など、神経などとの関係によるさまざまな症状があります。

 

また、日にちの経過とともに症状がひどくなることもあるため、

 

痛みが軽いからと油断しないで、速やかに病院へ行くことをお勧めします

 

 

むちうちで最初に掛かるところは「整形外科」のある病院

 

その後、必要に応じて整骨院」などでの治療を併用することもあります。

 

むちうちで病院に掛かるときは、初診時に受ける「神経学的検査」が大切で、

 

交通事故との因果関係を裏付けるためにも大変重要な役目をもちます。

 

 

そのほか、治療開始1~2カ月後の「MRI検査」、

 

4~5カ月後の「星状神経節ブロック注射」など、

 

むちうちとの関連付けが期待できる検査や治療は、自主的に受けることをお勧めします。

PR