交通事故でむちうちになったら.net

PR

むちうちの症状固定に関して

交通事故,むちうち,慰謝料,示談,病院

 

けがや病気の症状は、急性期を経て

 

慢性期へと移行するケースもありますが、

 

これ以上治療をしても将来的に改善が難しくなったときは、

 

後遺症が残る可能性も大きくなります

 

その場合は、「症状固定」として「後遺障害認定」に向けて具体的な段取りに入ります。

 

交通事故でむちうちなどのけがをした場合、
軽度の場合は半年くらいで治癒しますが、

 

 

それを超えて治療が長引く場合は、症状固定を考える必要性がでてきます

 

実は、症状固定までの期間をどれくらいにするかが問題で、

 

治療費の打ち切りを願う保険会社は、早めに打診してくる可能性があります

 

そのとき、むちうちによる後遺障害認定の確立を高くするためには、

 

最低でも半年経過してから症状固定にすることをお勧めします

 

特に、むちうちの症状は専門医でも判断しにくいという難点があり、

 

後遺障害診断書」の記載内容にも悩むことが少なくありません。

 

しかし、この診断書の内容により、後遺障害の認定の有無や等級にも関わり、

 

交通事故による一連の補償内容にも大きな差がでてきます。

 

「症状の一貫性や連続性」

 

「月20日以上の通院歴」

 

「神経学的な検査結果」のほか、

 

障害内容の憎悪・緩解の見通し」欄の記載内容も大変重要ですので、しっかり確認しましょう。

PR